, ,

抗体精製/抗原精製用モノリスシリカカラム_MonoPURE, MonoIP AgTrap 製品(キコーテック)

MonoPURE, MonoIP AgTrap製品の技術 – モノリスシリカカラムとは?

「モノリス」とは「一体化」という意味で、シリカがスポンジ状の骨格構造で一体形成されているシリカカラムのことを「モノリスシリカカラム」といいます。モノリスシリカカラムの構造は、マイクロスケール径の流路を有するスポンジ状骨格構造(マクロ構造)と、骨格構造表面のナノスケールの凹凸構造(メソ構造)からなり、小さなカラム容量に大きな表面積(高表面積)を有しています。

 

「短時間」「高収量」の抗体精製カラム – MonoPURE ProA / ProG 製品

数分間で抗体精製ができる高速性、高密度抗原固定化技術による高収量、再生処理で繰り返し使用可能

MonoPURE ProA/ProG シリーズは、短時間で高収量の抗体精製が可能なモノリスシリカ抗体精製カラムです。
モノリスシリカカラムは、「小さなカラム容積に大きな表面積」、「均一でスムーズな送液」、「短い滞留時間での効率的な抗体結合」、「高い物理強度」などの特徴を有しており、精製精度を落とすことなく、高速・高収量での抗体精製を実現します。
カタログおよび資料・情報


【特 長】

♦高速精製

MonoPURE ProA/ProG シリーズは、遠心機や吸引機を用いた高速精製が可能です。Spinタイプでは、小型卓上遠心機@6,000 rpmを使って、わずか2分間のトータル遠心時間で全ての抗体精製プロセス(吸着・洗浄・溶出)を完了します。
モノリス構造は流体が流れやすいため低圧での高速送液が可能であり、またシリカカラム全体が一体構造となっていて物理強度が高いため、遠心機を用いた高速精製が可能です。

♦高収量

MonoPURE ProA/ProG シリーズのモノリスシリカカラムは、リガンドタンパク質(改変プロテインA/改変プロテインG)のシリカ表面への高密度化学結合および配向制御などの独自技術を導入することにより、迅速かつ高収量の抗体精製を実現しました。

♦カラムの再生/再使用

MonoPURE ProA/ProG シリーズのカラムは高い再生安定性を有しており、キット付属(Spin/96 well)もしくは別売りのバッファーセット(Syringe)の再生バッファーを使って再生することにより、回収効率を落とすことなく複数回繰り返し使用することができます。

♦低容量濃縮溶出

複数回サンプル通液と低容量溶出により、濃縮抗体試料を調製することができます。


【リガンド / カラムフォーマット】

MonoPURE ProA/ProG製品は、使用目的に合わせて適切なリガンドおよびカラムフォーマットをご選択いただけます。

♦リガンド

精製対象の抗体の結合特性に合わせて、改変プロテインA改変プロテインGのいずれかのリガンドをご選択いただけます。

♦カラムフォーマット

必要な抗体の量、精製する抗体の種類数によって、適切なカラムフォーマットをご選択いただけます。


【アプリケーション】
抗体の精製、濃縮
培養液中の抗体濃度の定量
MonoPURE Spin ProAで抗体精製を行った際の回収率と収量
MonoPURE Spin ProGを使った定量解析

MonoPURE抗体精製キットの各製品
MonoPURE Spin

 

サンプル調製プロセス

シリカカラム

形状

キャパシティー  / 抗体結合容量 : 0.4 mg 最大サンプル容量 : 0.5 mL

バッファー / 各種バッファーが含まれます(吸着、洗浄、溶出、再生、中和)

サンプルおよびバッファーの送液方法 / 遠心、吸引


MonoPURE 96-well

形状

キャパシティー  / 抗体結合容量 : 0.4 mg 最大サンプル容量 : 1 mL

バッファー / 各種バッファーが含まれます(吸着、洗浄、溶出、再生、中和)

サンプルおよびバッファーの送液方法 / 吸引※プレート対応遠心機があれば遠心にも対応


MonoPURE Syringe

シリカカラム

形状

キャパシティー  / 抗体結合容量 : 15 mg 最大サンプル容量 : 8 mL

バッファー / 各種バッファーは別売り

サンプル/バッファーの送液方法 / 遠心、吸引


MonoPURE製品 オーダーインフォメーション

品 番 品 名 入 数 価 格 
MP-A01 MonoPURE Spin ProA
【冷蔵】
10個 \ 18,000
MP-G01 MonoPURE Spin ProG
【冷蔵】
10個 \ 20,000
MW-A01 MonoPURE 96-well ProA
【冷蔵】
1枚 \ 78,000
MW-G01 MonoPURE 96-well ProG
【冷蔵】
1枚 \ 88,000
MW-A02 MonoPURE Syringe ProA
【冷蔵】
4本 \ 80,000
MW-G02 MonoPURE Syringe ProG
【冷蔵】
4本 \ 90,000
MY-A01 MonoPURE ProA/G Buffers
【冷蔵】
 – \  48,000

※ 価格は税抜きにて表示しております。

※【冷蔵】は冷蔵輸送品です。

※ 別途にて冷蔵輸送費 (送料)を申し受けております。


抗体をカラムに固定化して標的抗原を精製 – MonoIP AgTrap 製品

ターゲットの抗原に結合する抗体を自由にカラムに固定化、また抗体の高密度化・最適な結合廃校での固定化により高回収率での抗原精製が可能

MonoIP AgTrap製品は、ターゲットの抗原に結合する任意の抗体をカラムに固定化し、抗原を高回収率で精製することができる、セルフカラム修飾タイプの抗原精製キットです。「抗体の抗原認識部位を露出させる配向制御による固定化抗体のフル機能発現」および「カラム表面への高密度での抗体固定化」により、高い回収率・再現性での抗原精製を実現します。
カタログおよび資料・情報


【特 長】

♦抗体の抗原結合領域を露出させる配向制御

抗体の抗原結合領域が露出するように配向制御することにより、固定化した抗体のフル機能発現を可能にします。

♦抗体の高密度固定化

モノリスシリカ表面に高密度で抗体を固定化することにより、カラム容積あたりの抗原回収量を最大化します。


【カラムフォーマット】

MonoIP AgTrap製品は、精製する抗原のボリューム・種類数に合わせて最適なカラムフォーマットをご選択いただけます。


【アプリケーション】

【抗原:BSA / 抗体 :anti-BSA antibody】

●使用カラム MonoIP AG Trap 96-well

●ウェルポジション

●BSA回収実験


MonoIP AgTrap 抗原精製キットの各製品

MonoIP AgTrap Spin

 

抗体固定化プロセス

 

シリカカラム

形状

キャパシティー  / 最大抗体固定化量 : 0.4 mg 

バッファー / 洗浄、溶出バッファーが含まれます

サンプルおよびバッファーの送液方法 / 遠心


MonoIP AgTrap 96-well

形状

キャパシティー  / 最大抗体固定化量 : 0.4 mg

バッファー / 洗浄、溶出バッファーが含まれます

サンプルおよびバッファーの送液方法 / 遠心、吸引


MonoIP AgTrap Syringe  ※カスタム対応品

シリカカラム

形状

キャパシティー  / 抗体結合容量 : 15 mg 最大サンプル容量 : 8 mL

サンプル/バッファーの送液方法 / 遠心


MonoIP AgTrap製品 オーダーインフォメーション

品 番 品 名 入 数 価 格 
IPP-G01 MonoIP AgTrap Spin
【冷蔵】
10個 \ 20,000
IPW-G01 MonoIP AgTrap 96-well
【冷蔵】
1枚 \ 88,000
カスタム MonoIP AgTrap Syringe
【冷蔵】
別途お打ち合わせの上お見積り

※ 価格は税抜きにて表示しております。

※【冷蔵】は冷蔵輸送品です。

※ 別途にて冷蔵輸送費 (送料)を申し受けております。


カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
MonoPURE抗体精製・固定カラムフライヤー(2018年10月)_kikotech
MonoIP AgTrap_免疫沈降カラム(semtember 2018)_kikotech
アプリケーションノート
その他資料

キコーテック社では、オリジナルブランドのモノリスシリカカラム製品として、タンパク質精製用のMonoPURE, MonoIP AgTrap製品を販売しています。

関連商品

  1. freeslate タンパク製剤プレフォーミュレーション自動化システム (Unchained Labs)

  2. Gemini / Gemini COMBO 全自動ELISA装置 (Stratec)

  3. MaxCyte STX® – 遺伝子導入装置・ゲノム編集・細胞加工用途にも (MaxCyte)

  4. AbsoluteIDQ® p400 HR Kit メタボライト408項目の測定キット (Biocrates)

  5. GRUNT タンパク製剤 プレフォーミュレーション バッファー作製・置換自動化システム (Unchained Labs)

    本製品はタンパク製剤処方の最適化の初期段階で手作業で行われていたバッファー調製、pH調整、バッファー置換とサンプルの濃縮を自動で実行し、それらの初期の処方検討を大幅に効率化します。

  6. VIPS – 単一細胞播種システム (Solentim)

ページ上部へ戻る