Lumen X – 光造形3Dバイオプリンター (Cellink)

Lumen Xは高速、忠実、そして正確に微細な形状を作り上げることができる光造形3Dバイオプリンターです。Volumetric社の技術を採用したLumen Xは、高解像度、ハイスループット、高い再現性を兼ね備えるため、マイクロフルイディクスや細胞を含むハイドロゲル、マクロポーラス構造などへの応用を強力にサポートします。UV光を用いて生きた血管系を形作る際に、特に血管の複雑な枝分かれや先細りの形成に大変有効です。
Lumen X

カタログおよび資料・情報

Lumen Xの特長

光造形による精度の高い3Dバイオプリント

最小200ミクロンまでの微細な形状をバイオプリントするために、100万以上の同時光点を活用します。
Lumen X Head

1層毎の積層により造形速度が大幅にアップ

1度にレイヤー全体を硬化させるため、押し出し式プリンターよりも50倍早く構造を架橋化します。
Lumen X Layer

2つの最先端の装置の組み合わせによる相乗効果

Lumen XはCELLINK社の押出式3DバイオプリンターBIO Xと組み合わせて使用することができます。Lumen Xで製作した構造物にBIO Xで生細胞をプリントすると、生体機能チップ(organ-on-a-chip)やマルチマテリアル研究などの応用研究を強力にサポートすることができます。
BIO X

Lumen Xの仕様

投影ステレオリソグラフィー 同時に100万以上の光ポイント
投影画像 1280 x 800ピクセル
ピクセル解像度(XY) 50 µm
最大造形容量 64 x 40 x 40 mm
生体適合波長 405 nm
UV照度範囲 10 – 30 mW/cm2
加熱可能なプラットフォーム 最大37 °Cまで
対応ファイル形式 STLファイル
装置サイズ(幅/奥行/高さ) 240 x 430 x 410 mm
装置重量 9 kg
電源 100-265 VAC、50-60 Hz、100 W

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
Lumen Xのカタログ(英文)

Cellink Logoのホームページ
Cellink LogoのLumen X製品情報ページ

ページ上部へ戻る