, , , , ,

サーカディアンリズム評価細胞 (ジーピーシー研究所)

体内時計を可視化できる! サーカディアンリズム評価細胞とは?

サーカディアンリズム評価細胞は、時計遺伝子のひとつbmal1遺伝子の発現変化を発光により測定できるレポーター細胞です。
本製品は、bmal1遺伝子のプロモーターとルシフェラーゼ(Emerald Luc)遺伝子を用いて作製されたトランスジェニックマウス由来の胚性線維芽細胞で、培養機能付きルミノメーター等を用いて継続的に発光活性を測定することで約24時間の発光周期を確認できます。
カタログおよび資料・情報

製品詳細

医薬品シーズや機能性食品成分のスクリーニングに役立ちます!

    • 発光活性測定により細胞のサーカディアンリズム(体内時計)を測定できます。
    • 融解・播種後4日~7日間程度で試験を開始できます。
    • 同調刺激後、6日間前後の継続的なデータ取得が可能です。
    • 位相の変化、振幅の変化を検出できます。
    • 参考プロトコルおよびアプリケーションノート(キナーゼ阻害剤カフェイン)を公開しております。
医薬品シーズ・機能性食品ライブラリー等の解析受託
概日リズム障害や睡眠障害、社会的時差ボケを改善する医薬品シーズや機能性食品成分の評価に!
    サーカディアンリズム(概日リズム、体内時計)に対する被験物質の効果を検証いたします。

    • 時計遺伝子の発現動態(発光活性の変化)からサーカディアンリズムの位相、振幅を評価
    • 位相に作用する被験物質、振幅に作用する被験物質をスクリーニング
    • 被験物質が作用するタイミングを検証し、時間薬理学的・時間栄養学的な視点での評価

製品情報
製品名 サーカディアンリズム評価細胞
品 番 GP-M02-P2
規 格 凍結バイアル 4本セット

(細胞数: 5.0×105個/バイアル)

保 存 液体窒素(気相)
価 格 お問い合わせ下さい

※4本セット以外のご購入についても対応いたしますので、お問合せ下さい。

本製品を使用した受託解析も承っております。

受託解析について
    1. 当社のサーカディアンリズム評価システムを用いてお客様のライブラリーの評価を行います。

      • 位相、振幅、周期に関する測定データを最短3週間で納品
      • 被験物質の数、添加濃度、添加時間(タイミング)等、試験内容に合わせてお見積りを作成

お気軽にお問合せ下さい!

本製品における製造及び受託試験と販売に関して

本製品はジーピーシー研究所(所在地:鳥取県米子市)で作製および受託試験を実施をし、弊社が販売元として国内販売を行っております。
ジーピーシー研究所ウェブサイト:http://www.gpc-lab.co.jp/index.html


カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
GPC研究所 サーカディアンリズム評価細胞フライヤーRev2 2018年7月_kikotech
アプリケーションノート
application note キナーゼ阻害剤(CK1)
application note(カフェイン)
その他資料
 サーカディアンリズム評価細胞_Product sheet_ver.4

ページ上部へ戻る