iQue Screener Standard – 高速フローサイトメーター (Intellicyt)

後継機種のiQue Screener PLUSを販売中です。
iQue Screener PLUSの最新情報はコチラをクリックして下さい。

iQue Screenerは、細胞&ビーズを高速で測定でき、化合物スクリーニングやハイブリドーマスクリーニングのお役に立てます。また、データ解析や管理は、プレート形式で行えるため、大量に得られたデータを効率的に処理できます。解析エンジンにフローサイトメーターを搭載、8パラメーターを同時測定可能で、ハイコンテントアッセイが可能です。従来では不可能だった浮遊系細胞(血球系細胞、初代培養細胞など)やビーズを用いた化合物やハイブリドーマスクリーニングがiQue Screenerでは可能です。もちろん、通常のフローサイトメータで解析しているアッセイをハイスループット化することも可能です。

カタログおよび資料・情報

iQue Screenerはいろんな“したいに”にお応えできます

このような研究者の方に最適

    • 浮遊系細胞を使用したスクリーニングを行いたい
    • セルベースアッセイのデータを改善したい
    • サイトカインプロファイリングを行いたい

アプリケーション

  • ハイブリドーマスクリーニング
  • 細胞増殖/細胞毒性
  • アポトーシスアッセイ
  • セルサイクルアッセイ
  • Cell Healthアッセイ
  • タンパク質の発現量測定
  • 幹細胞スクリーニング
  • 酵母ライブラリースクリーニング
  • ウイルス中和アッセイ
  • レセプターインターナリゼーション
  • 遺伝子導入と発現解析
  • 化合物スクリーニング
  • 細胞シグナル伝達
  • T細胞活性化
  • 全血アッセイ
  • バイオ医薬品の生産の最適化
  • バイオ医薬品の品質チェック
  • 溶解度試験
  • RNAi

iQue Screener Standard の特長

ハイスループット

    • 96ウェルプレート 5分
    • 384ウェルプレート 20分

ナゼ?ハイスループットアッセイが出来るのか?

iQue Screenerは、ペリスタポンプで連続的にサンプルをインジェクションしているため、他の装置と比較して高速解析が可能です。 一般的なフローサイトはシリンジポンプを使用しているため、シリンジのストローク時間や洗浄時間がかかり、高速なサンプルインジェクションは不可能でした。
384ウェルプレートからサンプルをペリスタポンプでインジェクション。 エアーギャップでサンプルを分離し、キャリーオーバーを軽減。本方法の採用により、シリンジタイプのインジェクターでは実現不可能な高速サンプルインジェクションが可能。
iQue StandardのペリスタポンプiQue Screener Standard のペリスタポンプ

少量サンプル

    •  1 μLから解析可能
    • デッドボリューム無し

ナゼ?少量サンプルで解析出来るのか?

サンプラーを少量サンプルインジェクション用に最適化。デッドボリュームナシでインジェクションできるようにニードル高を調整。
iQue Standardのプローブ

ハイコンテント解析

    • 6パラメーターを同時測定(散乱光 SSC FSC, 蛍光4色)

ナゼ?ハイコンテント解析が出来るのか?

測定エンジンに、フローサイトメーターを採用。 2波長レーザーと4つの蛍光検出器を搭載、散乱光(FSC、SSC)と4色蛍光のマルチ測定が可能。 多項目を同時測定でき、一サンプルから多くの情報が得られます。
フローサイトメーターの原理

搭載されているレーザー、フィルター、対応蛍光色素、蛍光タンパク質の表

洗浄不要のアッセイ

    • 洗浄不要の専用キットを販売

ナゼ?洗浄不要のアッセイが可能なのか?

蛍光試薬の量と種類を最適化して、バックグラウンドノイズの少ないアッセイ系を実現。 洗浄ナシでも解析に充分なS/N比が得られます。
洗浄不要のアッセイ

ハイブリドーマスクリーニング

    • ハイブリドーマスクリーニングを効率化
    • モック細胞とターゲット細胞を一度に測定

ハイブリドーマスクリーニングのワークフロー洗浄ナシのハイブリドーマスクリーニング:今まで面倒だった洗浄が不要でハイスループットかつ簡単にハイブリドーマのスクリーニングが可能。

ハイブリドーマスクリーニングの説明細胞染色用Cell Encoder Dyeの使用で、モックとターゲット発現細胞を同時に測定可能。抗体の非特異と特異結合を、1回の測定で解析可能。
ハイブリドーマスクリーニングの検出レンジ洗浄することなく、細胞表面マーカー(CD45)を検出した事例:抗CD45抗体と蛍光標識抗IgG抗体を使用、一次抗体の2倍希釈系列を作製し得られた結果。 抗体濃度が1-50 μg/mLの範囲であれば検出可能。

アポトーシスアッセイ

アポトーシスアッセイのワークフロー4種類のパラメーターを同時測定、しかも洗浄不要の簡単アッセイ。
アポトーシスアッセイの4つのパラメーターの数値アポトーシスの誘導物質のスタウロスポリンでJurkat細胞を処理して得られた結果:濃度依存的に4種類のパラメーターの数値が増加。

バイオ医薬品の生産の最適化 – 抗体産生細胞のスクリーニング

抗体産生細胞のスクリーニングIgGの産生量と死細胞を同時検出:IgGの産生量を細胞数で補正することで、より適切なハイブリドーマを選別可能。培養条件の最適化も効率化できます。
最適な抗体産生細胞の選択IgGの産生量と死細胞を同時検出:IgGの産生量を細胞数で補正することで、より適切なハイブリドーマを選別可能。培養条件の最適化も効率化できます。

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

資料
 iQue Screener 蛍光色素と蛍光タンパク質の対応表

Intellicytのホームページ
アプリケーションノート紹介のページ(日本語)

ページ上部へ戻る