,

VISQUE In vivo イメージングシステム (Vieworks)

「VISQUE」in vivoイメージングシステムは高感度の蛍光・発光画像取得およびタイムラプス画像取得が可能なコストパフォーマンスに優れたシステムです。特許技術を有する内臓CCDカメラは、約4℃の冷却により、低ノイズの高感度画像取得を可能とします。この技術により超低温での冷却を必要とするCCDカメラを内蔵したシステムと比べ、高額な修理費用や、高額なメンテナンス費用を危惧する必要なありません。「VISQUE」in vivoイメージングシステムは、手軽に使用できる高感度のvivoイメージャーです。

カタログおよび資料・情報

VISQUEの特長

    • 高感度の蛍光検出 500nm – 870 nm
    • 高感度の発光検出
    • タイムラプスが可能
    • 特許のCCDカメラは通常4℃の冷却(△-20℃)でOK
    • 堅牢な冷却システム(ペルチェ素子)を採用。
    • 独自のソフトウェア「CleVue」により測定から解析までを簡便に実施

蛍光イメージング

下記画像は、蛍光シグナルの画像。 赤色蛍光に対応するRFP (Red Fluorescence Protein)で光る乳癌細胞をマウスの背部に注入し、2週間後に発生した癌組織をVISQUEで撮影。 癌細胞が注入された場所で蛍光シグナルが明確に捉えられていることが確認された。

発光イメージング

マウス肝臓のルミネセンスシグナル画像。T41-luc細胞をマウスの尾静脈より注入。その後2週間を経て肝臓に移動。 通常、皮膚や毛髪を透過して発せられるルミネセンスシグナルの強度は微弱ですがVISQUEは独自の画像処理フィルタを適用することにより、より鮮明な画像を得ることが可能です。またVISQUEはデフォルトで4種類のフィルタを搭載しておりその中から最適なフィルタを選択する事によりクリアな画像を取得可能です。 下記例のように、ユーザ様はフィルタオプションを使用して画像処理を行うことが可能でまた撮影段階においてビニング機能(ピクセル感度増強機能)を使用して信号強度を高めることができます。

タイムラプス

マウス脳のリアルタイム画像の比較 組織灌流 マウス 月齢2ヶおよび12ヶ月のマウス
「マウスの骨格構造および血流の年齢に関連した変化」
“Age-related changes in pialarterial structure and blood flow in mice”
NeurobiolAging. 2015 sept 11 (Accepted)
下のタイムラプス画像は尾部の静脈に近赤外線の蛍光色素であるICGを注入した後、脳の骨の頭部の皮膚を開き、脳血管のICG循環をVisqueで撮影。 計100枚の画像を1秒間に約6回撮影。 左の画像は月齢2ヶ月のマウスの血流を示し、右の画像は月齢12ヶ月のマウスの血流を示す。 この画像は、慶煕大学の解剖学科で取得されこの画像を用いて経年変化による血管および血流変化の研究が発表された。
※NeurobiolAging, SCI(Science Citation Indexに基づくImpact Factor 5.1。

ソフトウェア

VISQUEには確実な解析をサポートするソフトウェア「Clevue」が付属しています。Clevueには以下の特長があります。

    • 4種類の違う画像を比較して同時に解析可能
    • 最適のウィンドウ幅で自動調整
    • 各ピクセルのカイネティックカーブはタイムラプス画像で利用

Clevueの自家蛍光除去機能

Clevueは自家蛍光を除去する機能を持っています。以下の画像例では、Clevueによる自家蛍光除去機能を使用して撮影した例になります。左の画像は元の画像を示しています。ファントムマウスに示されている蛍光はマウスの自家蛍光です。下の円の蛍光シグナルは、異なる濃度の緑色蛍光色素を希釈することにより蛍光シグナルの強度がマウスの自家蛍光の同様のレベルに調整された緑色蛍光色素を示しています。Clevueの自家蛍光を除去する機能を使用すれば自動で自家蛍光を取り除き目的の蛍光シグナルのみを捉えることができます。この機能は緑色と赤色の色の範囲を持つ蛍光のシグナル画像に適用することができます。

 

その他機能

最大マウス 5匹の試験が可能
※3種のステージの用意あり

    • 5-マウス 麻酔ステージ(標準で搭載)
    • 1-マウス 麻酔ステージ
    • 1-ラット 麻酔ステージ

操作性を効率化するタッチパネル搭載

    • イメージングスタート
    • 機器の状態を表示
    • ヒートステージの温度コントロール
    • ズームの調整

 

被験動物のポジション調整が非常に容易

    • ドアを開けた状態でモニタを見ながら位置の微調整が可能

カタログおよび資料・情報

お問い合わせ

カタログ
Catalog_InVivo Elite_R001EN_pages
文献
Optical measurement of mouse differences in cerebral blood flow using indocyanine green. JCBFM 2015
Exendin-4 protects hindlimb ischemic injury by inducing angiogenesis. BBRC 2015
Application of dynamic indocyanine green perfusion imaging for evaluation of vasoactive effect of acupuncture: a preliminary follow-up study on normal healthy volunteers. MDER 2014
Noninvasive optical measurement of cerebral blood flow in mice using molecular dynamics analysis of indocyanine green. PLoS One 2012
Segmental analysis of indocyanine green pharmacokinetics for the reliable diagnosis of functional vascular insufficiency. JBO 2011
Dynamic fluorescence imaging for multiparametric measurement of tumor vasculature. JBO 2011
Efficient differentiation of human pluripotent stem cells into functional CD34+ progenitor cells by combined modulation of the MEK/ERK and BMP4 signaling pathways. blood 2010
Assessment of peripheral tissue perfusion by optical dynamic fluorescence imaging and nonlinear regression modeling. Proc of SPIE 2010
Unsorted human adipose tissue-derived stem cells promote angiogenesis and myogenesis in murine ischemic hindlimb model. MicroVasc Res 2010
Dynamic fluorescence imaging of indocyanine green for reliable and sensitive diagnosis of peripheral vascular insufficiency. Micro Vasc Res 2010
Application of novel dynamic optical imaging for evaluation of peripheral tissue perfusion. IJC 2010
Quantitative analysis of peripheral tissue perfusion using spatiotemporal molecular dynamics. Plos One 2009
Vieworksのホームページ

ページ上部へ戻る