ペプチド合成 (Cambridge Research Biochemicals)

Cambridge Research Biochemicalsは35年の歴史を持つペプチド受託合成会社です。通常のペプチド、長鎖ペプチド、修飾ペプチド、安定同位体ラベルペプチドなど様々な種類のペプチドを提供可能です。抗体作製も手掛けており、ポリクローナル抗体、モノクローナル抗体共に作製可能です。納期、価格は弊社にお問い合わせ下さい。
カタログおよび資料・情報


PURE™ Peptides

標準ペプチド合成: L-アミノ酸による、6~25残基のペプチド合成
長鎖ペプチド合成: 50残基までのペプチド合成
修飾ペプチド合成: 環化、リン酸化、硫酸化、メチル化、グリコシル化、N/C末端修飾したペプチド合成

    • 環化ペプチド: ジスルフィド結合、N-末端‐C-末端環化、側鎖の環化、ラクタムブリッジ
    • 翻訳後修飾: リン酸化、硫酸化、メチル化、グリコシル化
    • C-末端修飾: アミド化、アルコール化、アルデヒド化、エステル化、AMCs、pNA

製品について

    • 合成量: 1 mg – 10 g
    • 純度: >95% by HPLC または >80%
    • ペプチドの品質管理: HPLC並びにMass (ESI or MALDI-TOF)により実施

PEAK™ Peptides

安定同位体ラベルされたアミノ酸を含むペプチド合成
Asp, Hisを除く安定同位体ラベルしたアミノ酸を含んだペプチドを合成します。さらに、下記の修飾アミノ酸を導入することもできます。

利用可能な13C、15Nラベルアミノ酸

    • リン酸化アミノ酸 (Tyr, Ser, Thr)
    • スルホン化アミノ酸 (Tyr)
    • メチル化アミノ酸 (Lys, Arg)

製品について

    • 純度: 95% by HPLC
    • ペプチド容量解析データを添付

PEPARRAY™

スクリーニング向けペプチドセット合成
数百から数千セットのスクリーニング向けペプチド合成サービス
製品について

    • 純度: 70-90%
    • C-末端アミド化、各種N-末端修飾、N-末端ビオチン化も可能
    • 修飾アミノ酸、異常アミノ酸の導入の可能

SPECTRUM™ Peptides

蛍光ラベルペプチド合成
ペプチドに標識可能な蛍光物質は世界で最大の品ぞろえ!!
標識可能な蛍光物質

    • Life Technologies Dyes: Alexa Fluor®, Bodipy®, Oregon Green®
    • GE Healthcare: CyDyes™
    • Atto-Tec: ATTO dyes
    • Cyanagen: Chromis dyes
    • Biosearch Technologies: CAL Fluor®, Quasar®
    • Licor Biosciences: IR Dyes®
    • FAM, TAMRA, EDANS, Mca, FITC
    • 合成量: 0.5mg~グラム単位
    • 蛍光物質結合可能部位: N-末端、C-末端、側鎖のアミノ基、チオール基またはクリック反応性誘導体によるペプチド側鎖
    • 蛍光バックグラウンドを最低限に抑えた最適なFRETペプチド合成
    • ISO9001:2008認証

別途ロイヤリティが必要

FRETペプチドはプロテアーゼ活性測定に有効なツールです。


TRANSPORTER™ Peptides

ペプチドカーゴを合成するサービスです。


抗体関連受託サービス

抗体作製サービスも行っています。
TARGET™ Antibodies: ポリクローナル抗体作製サービス
INFINITY™ Antibodies: モノクローナル抗体作製サービス


カタログおよび資料・情報
お問い合わせ

カタログ
ペプチド受託合成の日本語資料

Cambridge Research Biochemicalsのホームページ

ページ上部へ戻る